MEDITATION HOUSE,
DAS KRANZBACH

MUNICH, GERMANY

2018

ドイツミュンヘン郊外のホテルに付随する瞑想スペース。敷地周辺に植生するモミを30mmの厚みにスライスし、それを積み重ねることで、周辺環境に溶け込んだ建築を作った。人々はこのモミの木組みの空間に入り込むことによって、自然と一体となり、より深い瞑想を得る。

​(隈研吾建築都市設計事務所での担当)

Meditation space in Munich suburb.   White fir panels which is originated from surroundings are sliced into 30mm thickness, stacked, and melt the architecture into the forest. People would get deep meditation when they under the fir roof structure.

© 2020 by Fukei.