COEDA HOUSE

SHIZUOKA, JAPAN

2018

熱海のアカオハーブアンドローズガーデンの丘の上に大きな樹木のようなカフェを設計した。80mm角のヒノキ材を積み重ねることで、小さな枝が集まった大きな木の下のような建築を目指した。ヒノキ材は拡張樹脂アンカー工法を用い、十分な強度を持たせると共に金物を使わないディテールとした。また柱から壁に向かってカーボンファーバーロッドでテンションを加え、耐震補強材として用いることで、地震時の揺れを軽減させる効果を持たせた。

​(隈研吾建築都市設計事務所での担当)

Cafe in Akao-Herb and Rose Garden in Atami. We are making the space under the big tree by pilling up 80mm square shaped ceder bars. Each bars are connected with Expanded resin Anchor Method to have enough strength. The carbon fiber rod works as the seismic reinforcement.

(Project in KKAA)

© 2020 by Fukei.